ニキビが去ってから気づくニキビ跡の悩み

ニキビ跡の悩みというのはニキビがたくさんあった頃にはないものでした。
20代前半の頃、顔中のニキビに悩まされていましたので、跡になるかどうかよりも今この吹き出物がなくなるということの方が重要で
赤く腫れ上がった大きなニキビをつぶしたり、ゴシゴシ洗顔してなんとかニキビをなくそうとしていました。

そして20代後半から30代になるにつれ自然に顔中のニキビはなくなり、たまにポツポツできるくらいになりました。
そうすると嵐が去った後のように突然ニキビ跡が姿を現したのです。不思議なものでニキビがあったときは気にならなかったのに、
肌がきれいになるにつれニキビ跡が急に目立ち始めました。
また肌の新陳代謝が衰えているせいかたまにできるニキビもニキビ跡になりやすくなりました。

自分では昔の汚かった肌を知っているので今はキレイな肌になったと思っているのに、
あるときふと同僚に「肌荒れているねー」と言われてショックを受けました。
たしかに吹き出物自体はなくなっていてもニキビ跡があるだけでとてもキレイな肌には見えないと気づいたのです。

今ではニキビができても跡ができないようにケアするようになりました。
できてしまった跡を消すのは大変だと思いますが、ビタミンCのケア商品などを使ってできるだけ目立たないようにして
本当のキレイな肌を目指したいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です