フルアコセミアコを考える

そういえば、ギター制作の話ですが、ものによっては結構面倒であるのと、出来る時間は速いけど、機材をそろえる金がないというパターンが、やはりある気がします。

ジャンク屋なら、改造してしまえばいいのですが、要するにボディとネックをはめ変えて、きれいに直して、仕様は同じでブランドは高いという模造品ですね。これなら、正直言って、何とかなります。

問題は、セミアコとフルアコといった特殊なタイプのものです。

これってボディからネックもヘッドも小物までセットになっています。ストラトや他のどこにでもある普及品ギターならそうはならなくても、セミアコ、フルアコは、改造をどうするのか悩みどころです。

究極な話、外してしまっても確かにいいのですが、作り方を習っておいて、手作業でやるというのも手段です。
単純にエレキにしても、有名メーカーと同じものを作れればいいだけですからね。

基本的にはフルアコなんてストラトより遥かに前のジャズギターなわけですから、手作業で出来ないわけがないと思います。
なので、機材は最小限にしておいて、小規模に覚えておいて、金にするという商売身の丈という感じですね。

なんて書いているときりがないですね自分。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です