市職員の職務中のゲームをしていたことについて

近頃公務員のモラルの低下が酷くなっています。結局、お金を稼ぐという意識の低さからくるものだろう。

どうしても、公務員の仕事は忙しいところは忙しいが暇なところは暇と格差が激しいらしい。しかも、稼ぐというより奉仕するという意識で仕事をするためにどうしても甘えが出てしまう。もちろん、民間が参入したらお金が掛かりすぎて採算が取れない部門は確かに存在する。

しかし、それは一部の限られた職業であり、それ以外の部門では民営化した方が業務効率が上がり予算が削れるところも存在する。しかし、そういう部門は組合の力が強く民営化が出来ないのが実情らしい。

そんな、組合の力が強く民営化が進まないところはどうしても緊張感に欠けるので職務中にゲームをするという考えられないことをするのだろう。これが、氷山の一角でないことを切に願いたい。

しかし、私が色々聞いたりするところではこういう状態は珍しくないらしい。しかも、堂々と自分の権利を主張して上司の言うことを聞かない困った人もいると聞く。

どちらにせよ、私は、今後公務員削減はしょうがないと考えている。もちろん、住民サービスに支障を来すことは起きて欲しくない。しかし、それが起きない程度には削減をしないと、今後子供たちに大きな借金を背をわすことになるかもしれない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です