音楽療法士の講師的な立場に憧れます

前から奥田民生さんのファンでした。
何かあの気が抜けたような音楽が好きでしたね。肩の力が抜けた感じといいますか。
youtubeでよく聞きます。

音楽は元々好きでしたけど、洋楽だと、逆に薬やりまくっているぼろぼろロッカーのようなのが凄い好きです。
いわゆるグランジとか今の人には少し古いのでしょうかね。
低音ごりごり絶叫系といいますか、そういうのが好きですね。

結構前から音楽療法士に憧れています。別に絶叫して癒すわけではないのですが、単純に音楽は演奏しても楽しいですし、それで福祉につながるのなら、なおの事良いと思っているのです。
民間資格といいますけど、母体によってかなり変わるようですね。
どこまでも実力勝負な所はあるでしょう。
あの資格を持っていていいと思う所は、思い発達障害や先天的障害の方々に、音楽もそうですし、他のアートも教えられるという事です。
芸術を一つ持っていて、それに没頭する楽しみがあれば、人生って結構暇な部分がなくなると思うのです。
そのためにも、音楽療法士って良い仕事だと思っています。

サバンの女性の方が、書道で、大河ドラマのタイトルを書いたとかあった気がしました。
そういうのは、教える方も楽しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です